マザーアースコンサート 東日本大震災 津波遺児支援
私にとって歌うことは生きること、歌は心の音色 比嘉ひろ音

比嘉ひろ音オフィシャルサイト・トップ > ブログトップ> 私なりの活動> 鎮魂と復興への願い

比嘉ひろ音

Profile

1963年 鹿児島県生まれ 歌手・シンガーソングライター、ボイストレーナー。 現・鹿児島国際大学音楽科声楽専攻卒業。

少女時代
「ただ歌うことが大好き!!」
と本能の赴くままに唄いかなでる日々。クラシック歌手を目指して各師に師事を仰ぐ。そして、夢の音楽大学へ進学。 在学中、ウィーンのソフィエンザールで行われた世界音楽祭のコーラス部門日本代表の30人のメンバーに抜擢され渡欧。みごとグランプリ、ウィーン大使賞を受賞した。

 

Bookmark

鎮魂と復興への願い

|

nyukai2.jpg2011年3月11日14時46分


その日本観測史上最大の地震が起きました・・・


まだ冷めやらないあの震災から今日で2ヶ月・・・


犠牲になられた方々のご冥福を 心より心よりお祈りいたします。

 


仙台市内は殆どのライフラインが復旧し、日常生活を取り戻しつつあります。


そんな中、普通に生活している分には、震災の影響というものが直接的には見えにくくなってきました。


その分、被災地への配慮やサポートなど、意識が薄れてしまわぬように、今後もボランティア活動を長期的なスパンで続けていきたいと思っております。

 


友人より、良いサイトを見つけたと

下記内容でサイトの紹介をされました。


【復興の狼煙】ポスタープロジェクトというものです。


様々な想いを胸に秘めながら、

前を向いて歩み始めようとする釜石市民。


彼らから感じた「人間の強さ」、

そのままを伝えたいと願った盛岡の広告人。


苦しみながら悩みながら「今」を撮ることで

答えを見つけようとした東京のカメラマン。


その二人が立ち上げたプロジェクトで、

ポスターの収益は、撮影した自治体に寄付する予定との事です。


【復興の狼煙】ポスタープロジェクトホームページ→  

http://fukkou-noroshi.jp/

 


そして、最後に下記の言葉でそのメールは結ばれていました。


今はPray For Japanの時期ではなく、Action For Japanの時期である・・・


それぞれがそれぞれの立場で、行動を起こし、立ち上がらなくてはならないのだと思いますと・・・

 

 
今、私に出来る事・・・


6/26日に東日本大震災義援金チャリティーコンサートを開催します。


鎮魂と復興を願いながら、皆さんと祈りのひと時を共有できたらと思っています。